東洋構造コンサルタント株式会社 1級建築士事務所
東洋構造コンサルタント_最新情報 東洋構造コンサルタント_会社情報 東洋構造コンサルタント_事業部 東洋構造コンサルタント_実績 東洋構造コンサルタント_お問い合わせ
東洋構造コンサルタント_トピックス

最新の記事一覧
ブロック塀の耐震診断を義務化へ
「界壁なし」でレオパレスを提訴
車椅子用客室の設置基準を見直し
断熱材引火で作業員5人死亡
メディアテークで耐火被覆材が剥落
熊本地震から2年、小破の5割残存せず
改正民法が成立、「配偶者居住権」を新設
確認申請せずに増築した屋根が崩落
西日本豪雨で死者200人
大阪北部地震 繰り返されたブロック塀の倒壊死亡事故
耐震補強済み庁舎はなぜ倒れた
大阪北部地震、壁倒壊で死者
完売マンションの確認取り消し東京地裁で建築主が敗訴
レオパレスのアパート、建基法違反の疑い
全国1700棟が震度6強で倒壊の恐れ
実在建築士をかたり無資格設計
地盤面誤認は監理者にも責任
都内251棟が震度6強で「倒壊の危険性
前橋市有の温浴施設で4mの金物が落下
千葉・浦和の液状化対策工事が中止へ
ベランダ転落事故の防止で提言
地下鉄なんば駅で天井落下事故
建基法改正案、大規模火災対策を強化
台湾東部・花蓮地震
札幌支援施設火災の教訓
台湾花蓮地震で高層ビルが倒壊
緩勾配屋根の積雪荷重を強化
筑波大で25トンの渡り廊下屋根が落下





過去の記事一覧
西日本豪雨で死者200人
 西日本を中心に襲った記録的な豪雨は、各地で大規模な河川氾濫や土砂災害など甚大な被害をもたらした。警察庁の発表によると、7月12日午後1時45分時点で確認された死者は14府県で200人に達した。広島、岡山、愛媛の3県が特に多い。行方不明者は4県で21人。死者数は平成の豪雨災害で最悪だ。
 7月6日から8日にかけて大雨特別警報が過去最多となる11府県に発令された。気象庁は6月28日以降の台風7号や梅雨前線の影響によって全国的に広い範囲で発生した一連の豪雨について「平成30年7月豪雨」と命名した。
 河川の氾濫などによる浸水被害が各地で相次いだ。岡山県倉敷車真備町地区では、7月7日に高梁川の支流、小田川などの堤防が決壊し、市街地約1200ヘクタールが浸水。一時は1000人以上が孤立する事態に陥った。
 国土地理院の推定では、浸水の深さは最大4.8m。国土交通省は7月8日からポンプ車による排水作業を開始、7月11日までに宅地や生活道路の浸水はおおむね解消した。
 岡山県災害対策本部の7月12日午後8時時点の集計によると、真備町地区で判明した死者は50人、建物の浸水被告は4200棟程度。年齢が判明した死者37人のうち、70歳以上の高齢者が29人を占めた。
 水が引いた真備町地区では濁流の爪痕が至る所で残り、外壁の損傷、基礎の洗掘といった建物被害が見られた。流出した建物もある。被災家屋の片付けが進むなか、道路わきや空き地には住民が運び込んだ家具や畳、家電、生ごみなどが山積みになった。

 土石流による土砂災害も多発した。例えば、広島市安芸区や安佐北区、広島県呉市、熊野町、坂町などでは土砂や流木が住宅を直撃し、複数の死者が出た。花こう岩が風化した真砂土が、豪雨の影響で表層崩壊を起こし、樹木や岩石とともに斜面を下って住宅地を直撃したとみられる。広島市では2014年8月の豪雨でも安佐南区を中心に大規模な土砂災害が発生し、計77人が死亡した。
 一連の豪雨による住宅被害は甚大だ。総務省消防庁の集計では7月12日午後1時30分時点の判明分で、全壊138棟、半壊122棟、一部損壊516棟。床上浸水は8293棟、床下浸水1万5081棟に上る。被害の実態把握は十分に進んでおらず、さらに増える可能性がある。被災地では道路の寸断や鉄道の運休、断水などが長期化し、復旧・復興への道のりを見通せない状況だ。(佐々木大輔)

























ソース :
日経アーキテクチュア 2018_7-26
このページのトップへ