東洋構造コンサルタント株式会社 1級建築士事務所
東洋構造コンサルタント_最新情報 東洋構造コンサルタント_会社情報 東洋構造コンサルタント_事業部 東洋構造コンサルタント_実績 東洋構造コンサルタント_お問い合わせ
東洋構造コンサルタント_トピックス

2013年の記事一覧
国土強靭化基本法が成立
朱鷺メッセ訴訟が8000万円で和解へ
南海トラフ巨大地震で「死者13万人超」
「阪神」で揺れた建物が「南海」に耐えるか
耐震化率「8割達成」の陰に2つの課題
東京都が震災後初の地震危険度ランクを公表
小学校の耐震診断で偽造発覚
竜巻で1500棟の家屋が損壊
義務付け耐震診断は結果を公表
国交省が吊り天井の脱落対策求める
建築学会が校舎の耐力度調査手法を見直し
セラミック製のプール天井が落下
大規模天井の落下対策を義務化
国交省が津波防災まちづくりの指針
南海トラフ巨大地震対策で最終報告
ニセ建築設備士が発覚
免震協がエキスパンションの指針作成
高齢者避難でエレベーター利用を提言
長周期地震動「階級2」を初観測
エスカレーター脱落防止の告示案を公表
国交省が耐火木造の詳細な設計例を提示
姉歯事件で最高裁が行政の責任否定
振動解析ミスで8億円超の賠償命令
震度6弱の照明落下事故で書類送検
震災時の崩落で書類送検
入船みなとタワーで天井落下
建築学会が天井落下防止で指針
南海トラフ地震被害は最大220兆円
天井の脱落対策が14年度から義務化へ
中破と大破が目立つ「耐震未対応」の体育館
補正予算で復興と防災に3.8兆円
義務対象の耐震診断は建築士に限定
被災校舎の復旧で粗雑工事
岡崎市が違法マンションに除去命令
大規模建築物の診断義務化
管理建築士講習の未受講で大量処分
ねじれ無視して全層崩壊を招く
建築確認不十分で静岡市に賠償命令




最新の記事一覧
「阪神」で揺れた建物が「南海」に耐えるか
 阪神大震災に遭った建物が、南海トラフを震源とする巨大地震に遭遇したら——。防災科学技術研究所と兵庫県は10月8日から15日にかけ、兵庫耐震工学研究センター(E-ディフェンス)において、新耐震基準で設計した鉄骨造3階建てを繰り返し揺らす実大振動実験を実施した。
 研究チームがまず実施したのが、阪神大震災における被害の再現だ。JR鷹取駅で観測された地震波(JR鷹取波)を用いて、試験体を一方向加振した。その結果、1階で最大層間変形角が記録され、14分の1に達した。構造計算上の想定をはるかに上回る変形だ。この際、柱と梁の接合部が3カ所破断。2カ所が1階天井、1カ所が2階天井だった。
 この実験の5日後、南海トラフを震源とする巨大地震を想定した振動実験も実施した。この揺れは卓越周期が2秒前後と、振動周期がやや長いのが特徴だ。最大加速度は358ガル(cm/秒2)で震度5強に相当する。最大層間変形角は44分の1(1階の速報値)だった。研究チームはJR鷹取波による加振の前に、南海トラフ巨大地震の想定波で加振していたが、その際の最大層間変形角は83分の1にとどまっていた。損傷により揺れへの応答がほぼ2倍になった格好だ。
 最初のJR鷹取波による加振後の測定では、接合部の破断があったにもかかわらず、試験体の残留変形は1901分の1でほとんど傾いていない。大地震後の建物被害の応急危険度判定では、残留変形が100分の1から200分の1を目安としており、それ以下なら危険と見なされない場合もある。研究チームはこうした問題も含め「将来に発生が懸念される大地震における鉄骨造の震後対策に役立てたい」としている。」(池谷 和浩=フリーライター)


















































ソース :
日経アーキテクチュア 2013_11-10
このページのトップへ